設備紹介

日新精工グループ 保有設備

   成形機械

  ~100ton ~200ton ~400ton ~650ton ~1050ton ~2000ton
日本 2台 1台 2台      
韓国   1台 1台 1台 1台 1台
中国 6台 2台 5台 3台 2台  

 

   金型設備

    CNC EDM WIRE その他 5軸
加工機
金属3D
造形機
日本   3台 3台 2台 9台   1台
韓国   3台 4台 3台 3台    
中国(常熟)   5台 5台 3台 10台 1台  
中国(深圳)   4台 4台 1台 12台    
THAILAND   4台 3台   11台    

金属3D造形機について


 金型製作

従来工法と比べ、工期1/3、コスト1/2を実現。

深穴、深リブなどで分割設計が必要だったコア金型も一体で設計。三次元CADの設計データを一貫して有効活用できます。また放電加工レスなので、金型製作時間も大幅に短くなりました。

 金型分割数最小化

今までの一般工法であれば、多くの分割が必要となり、 また、電極製作、放電加工の肯定が必要だったものが、削除され、 一体製作や設計変更に考慮した最小分割化が可能になり、工期短縮とコスト削減が実現。


 深リブも放電加工レスで造形

金属光造形による積層とマシニングによる高速切削で、深リブ・薄リブも高精度に加工。 放電加工を用いない金型造形を可能としました。

 三次元冷却水管を配置

三次元冷却水管を配置することで優れた冷却効果を実現。冷却効果を30%アップ、冷却時間40%短縮。

 ガス抜きのためのポーラス造形

レーザー焼結条件を変えることでポーラス(多孔質体)構造をもったガス抜きを自由に配置でき、 その通気率も自在に制御できます。

樹脂充填時間の短縮や充填ムラ、ガス焼け解消などが期待できます。

 加工事例

冷却付きスプルー  ・・・・  成形サイクル 20%短縮実現目標にて構造研究中。(2014.12月時点)

 
他、詳細内容および加工事例については機械メーカーホームページ参照。

各工場近郊の協力メーカー様でもニーズに合わせて 対応させていただきます。
詳細はお問合せくださいませ。

自動加工、検査システム稼働

Copyright(C) 2011 NissinSeikoGroup